ブログ一覧

弁護士費用についてのお問い合わせ

先日ある案件でご依頼いただいたのですが、「インターネットで他の弁護士の広告を見たら、同じ案件で弁護士費用が3倍だった。」とのお話がありました。安くて良かったと仰るのかと思いきや、「値段が安い分、インターネットで広告している弁護士さんたちよりサービスが悪くなるのではないかと心配だ。」とのことでした。

当事務所では大々的なインターネット広告はしていないので、弁護士費用に広告料を上乗せしないでも良いから、それだけで多少違ってくると思います。

当事務所の弁護士費用は、弁護士が行うであろう業務の難易度、分量などに基づいて定めております。自分の業務に見合った弁護士費用をいただいており、結果的に他の弁護士より安かったとしてもその分質を下げているというものではありませんので、ご安心ください。逆に、他より高い場合も当然あります。他より高いから、他の弁護士よりサービスが良いとも限りません。

ただし、当事務所にお越しになればわかるのですが、素敵なインテリアも居心地の良い椅子やBGMもありませんし、せいぜいお茶が出てくる程度です。。そうした意味では、サービスが良くないと言われても仕方ないなあ、とは思います。

 

 

2022年06月24日

インターネットの広告について

 事務所にいきなり電話がかかってきて、例えば「高岡市 弁護士」と検索したときに、私の事務所のHPが一番上に来るようにしてあげます、というような広告の勧誘を受けることがしばしばあります。また、「○○に強い弁護士」ということでインターネットで集客してあげます、というお誘いも多いです。

 当事務所はインターネット広告を追加する予定はありませんという広告業者向けの案内をこのHPに掲載しているのですが、それを見ないで営業してきます。HPも見ないで「○○に強い弁護士」という広告を出しましょうよと言ってくるのですから、実にいい加減なものだと呆れてしまいます。あまり広告は信用しない方が良いですね、というお話でした。

 ついでに言うと、無料での相談を売り物にしている広告も結構あります。こういう広告に影響されて、当事務所にも無料での相談を要望される方が後を絶ちません。私だったら、自分の大事な話は無料サービスを利用せず、きちんとお金を払って責任ある対応をして欲しいと思うでしょう。初回無料相談というので行ってみたら、31分目からお金を請求されたという笑えない話を聞いたこともあります。

 

2022年06月02日

顧問契約について

時折、当事務所と顧問契約を締結したいというご相談をいただきます。大変申し訳ないのですが、当事務所では原則として顧問契約はお引き受けしておりません。弁護士1人、職員2人で細々と経営しており、新しい顧問先の相談や依頼を優先して行う余裕もなければ、顧問先の業務内容について勉強するような時間もなかなか取れません。結局のところ普通に相談・依頼していただくのと同じだからです。それでも良いからと仰る方もおられますが、自分の仕事に見合わない報酬はいただかないことにしております。

 当事務所の零細ぶりを心配してか、顧問弁護士を探している企業様をご紹介いただくこともあるのですが、そうしたわけでお引き受けしておりませんのでご了承ください。

 

 

2022年05月30日

口コミの御礼

 先日、ある口コミサイトに私のことを「とっても良い人です」と書いてくださった方がおられることに気づきました。私が本当に良い人かどうかは自分ではわからないのですが、感謝しております。自分で書いたんじゃないのか、などとひどいことを言う方もおられるのですが、違います。

 

 

2022年05月22日

ご紹介の御礼

当事務所は、設立当初はインターネットで検索して相談を申し込まれる顧客が大多数でした。最近は半数以上が以前のご依頼者様、関係先、弁護士・司法書士の先生方からのご紹介になっています。あまり相談のご依頼が増えても対応できないため、数年前からインターネット広告は縮小しています。法律事務所がたくさんある中で、これと言った特色もない私の事務所をご紹介くださった皆様には大変感謝しております。

本題ですが、ここ数年匿名で私の事務所を推奨してくださっている方がおられます。「ある人にこの事務所を勧められたのだが、その人から名前を明かさないよう頼まれている」というのです。「ある人」もお一人ではなくて、弁護士の先生方と一般の方がおられるようです。

なぜお名前を明かせないのかわかりませんが、このブログを読んでくださることを祈りつつ、御礼申し上げます。

なお、依頼者の紹介に対して謝礼を支払うことは弁護士職務基本規程に違反しますので、あくまで御礼申し上げるだけということでご了承ください。

2022年02月06日

嘘の主張をして欲しいというご依頼

特に不貞行為で訴えられた方から、「本当は肉体関係があったけれど、裁判では何もなかったという主張をして欲しい。」と言うご依頼をされることがあります。私は嘘とわかった上で事実に反する主張をしたり、中身が嘘だとわかっている証拠を提出することはしておりません。弁護士職務基本規程でも、弁護士は虚偽と知りながら証拠を提出することが禁じられています。

私の恩師である弁護士は、「上手に負けるのも、弁護士の大事な仕事だ。」と教えて下さいました。不合理な嘘をついて大敗するよりも、認めるべきところは認めた上、自分に有利な事情を拾って説明し、できるだけ傷を浅くすることが適切だと考えています。

2021年12月18日

国選弁護について

勾留された方のご家族から、国選弁護人より私選弁護人の方が良いのではないかというご相談を受けることがありますが、国選弁護人のままで問題ないと助言しています。私自身もそうですが、国選でも私選でも刑事弁護の内容は同じだという弁護士が殆どかと思います。また、富山県のような地方の弁護士は国選事件の配点を受けることが都市部の弁護士に比べて多く、若手の弁護士でも刑事弁護の経験を積んでいます。呉西地域で国選弁護人から私選に切り替えた方が良いということは、まずないと思っています。

 

 

 

2021年10月29日

専門分野のお問い合わせについて

日弁連の業務広告に関する指針により、弁護士は専門分野という表示をすることは控えるべきとされています。また、当事務所では幅広い案件をお引き受けしている反面、特定の分野のみに力を入れることはできないため、専門分野といえるようなものはありません。

得意分野について、特に離婚が得意分野かというお問い合わせもいただきます。弁護士になった当初からお引き受けすることが多く、力を入れていますが、他の弁護士に比べて得意と言えるかは客観的な評価ができません。なので、私の中では得意な方の分野です、とお答えしております。

ご依頼されたい分野のスペシャリスト的な弁護士をお探しの場合は、残念ながら当事務所では対応できないので、別の法律事務所にお問い合わせください。なお、取り扱っていない分野については業務案内にて明示しておりますから、ご参考になさって下さい。

 

 

2021年10月09日

無料法律相談のお問い合わせについて

当事務所では法律相談は多重債務の方、犯罪被害者の方の初回の相談、法テラスの法律扶助ご利用の方の相談以外はすべて費用をいただいております。無料で相談したいというお問い合わせが頻繁にありますが、お問い合わせいただいても対応致しかねますので、ご了承ください。

法律相談をしたいが、お金を払うほどの大変な問題でもない、という方もおられると思います。お住まいの市町村にて無料法律相談が実施されていることが多いので、まずは市役所等にお問い合わせください。また、法テラス、相談内容次第では富山県弁護士会でも無料法律相談を受けられる場合がありますから、法テラス、富山県弁護士会のHPをご確認ください。

なお、当HPの「無料法律相談希望の方へ」に、無料相談情報をまとめましたので、ご参考になさってください。

2021年10月03日

法律相談の際にご準備いただくこと

ご相談になりたい事案の資料は、できる限りご持参ください。また、事案の概要をメモにまとめておいていただけると、効率よく相談を進めることができます。

最近多いのは、インターネットで予習なさって、「○○の手続をして欲しい」という方です。

しかし、事案の内容を聞いたところ、別の手続の方が適切と思われることがあります。

どのような手続を取るかは専門家である弁護士の助言を受ければ良いので、ご相談に際しては、できるかできないかは別として、ご自分がどのような問題を抱えていて、どのように解決したいか、ということを教えてください。弁護士にて、ご意向に沿った解決に向けた助言を致します。

2021年09月15日

リニューアルしました。

 2012年に事務所を開設し、その際にホームページも公開していたのですが、サーバーが使えなくなり移転することになりました。それに合わせて、リニューアル致しました。

 以前はホームページビルダーのV16で作成しましたが、今回アップデートしてV22で作成しております。随分と時間が経ったのだなあ、などと思います。一応ホームページらしきものができたと自負しております。

 司法修習生になったとき、当時はこの業界は一太郎が主流だったので一太郎を購入しました。以後、ジャストシステム製品を愛用しております。今も文書作成はもっぱら一太郎です。

2021年09月15日