国選弁護について

勾留された方のご家族から、国選弁護人より私選弁護人の方が良いのではないかというご相談を受けることがありますが、国選弁護人のままで問題ないと助言しています。私自身もそうですが、国選でも私選でも刑事弁護の内容は同じだという弁護士が殆どかと思います。また、富山県のような地方の弁護士は国選事件の配点を受けることが都市部の弁護士に比べて多く、若手の弁護士でも刑事弁護の経験を積んでいます。呉西地域で国選弁護人から私選に切り替えた方が良いということは、まずないと思っています。

 

 

 

2021年10月29日